So-net無料ブログ作成
検索選択

“幸せ”の青い卵、“安心”の茶色い卵(産経新聞)

 船橋市馬込町にある奈良養鶏園では、安心、安全にこだわった「茶色い卵」と、ユニークな「青い卵」という2つの名物を生産販売し、“卵好き”の人気を集めている。 

 奈良養鶏園は戦後間もなくの創業で、代表の奈良五十八さん(67)は2代目。「トリ好きが高じて、市内の工場に勤めていた先代が始めた養鶏場。飼料や育て方へのこだわりは60年以上の伝統がある」と奈良さん。養鶏園を切り開いた先代、富士男さんの名が書かれた品評会の彰状が、直売所を兼ねた事務所の壁を飾っている。

 現在飼育しているのは、茶褐色の卵を産むイサブラウン種を中心に約7000羽。遺伝子組み換えではないトウモロコシを使い、無添加の薬剤、抗生物質を使わない自家配合の飼料で育てられたニワトリの卵が、ここから全国に発送される。

 徹底した奈良さんのこだわりは、卵を割った瞬間に分かる。盛り上がった黄身、粘り強い白身だ。

 「ケーキの素材に最適と、使ってくれる菓子店が何軒もある」と、妻の美登里さん(63)。常連客の一人で市内の主婦、田中利枝さんは「卵かけご飯で食べてみると、素材の良さがすぐに分かる」と太鼓判を押す。

 珍しい青い卵を産むのは、チリ原産のアロウカナ種だ。ヨーロッパ種の血がほどんど入っておらず、南米のニワトリの原種に近いという。餌に関係なく殻は青いが、黄身や白身は他のニワトリと変わらない。

 幸せの“青い鳥”ならぬ幸せの“青い卵”は、食卓を囲むだれもが幸せな気持ちにさせられそうだ。

 ■一口メモ 奈良養鶏園((電)047・438・5489)は船橋市馬込町1161。営業時間は午前9時〜午後6時。水曜定休。

【関連記事】
4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進
お菓子のような食感 甘〜ぃサツマイモ「大栄愛娘」
“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本
メシウマ!卵かけご飯で10万人、町おこし課長補佐に観光庁長官賞
ニワトリ捕獲で大わらわ 静岡・藤枝の畑や山林に84羽、遺棄か

馳議員「本田は無限の可能性を持つ男」星稜高後輩を絶賛(スポーツ報知)
通常国会、16日閉幕=本格論戦なく参院選突入(時事通信)
温暖化法廃案も経済界に無力感 成長戦略との矛盾に批判も(産経新聞)
整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
<はやぶさ>カプセル17日深夜「帰国」(毎日新聞)

悩める現代に「やさしい」古人の名言 超訳共感 「ニーチェの言葉」42万部(産経新聞)

 人を喜ばせると自分も喜べる(ニーチェ『曙光』)

 ニーチェ(1844〜1900年)やゲーテ(1749〜1832年)ら古人の哲学者、文豪が残した格言・名言集が人気だ。難解な原文をやさしい言葉で解説した「超訳」などの読みやすさが売れている理由だが、根底には混沌(こんとん)とした世相を反映しているという。突然の解雇、就職難、自殺者の増加…。現代人は、古人の言葉に人生の羅針盤としての役割を求めている。(田野陽子)

 大阪・キタの旭屋書店本店。「人生を動かす『言の葉』」と書かれた特設コーナーには約50種類の名言集などが並ぶ。一番の売れ筋は『超訳ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。出版元によると、今年1月の発刊からすでに42万部を記録する勢いという。「生」「愛」「心」など10テーマに分け、やさしく読むための「超訳」が付いている。

 例えば、〈どこを探しても中味がないような、純然たる仮面にすぎないような女たちがいる〉は、超訳では〈男たちからもてたいと思っているなら、自分の中身に何があるか見せないようにすればいい〉とした。

 訳を手がけた文筆家の白取春彦さん(56)は、「ニーチェの言葉には、自己啓発やノウハウのような便利さや手軽さではなく、いつの時代にも通じる、人生の根幹に響く力強さがある。彼自身が病気、家族、恋愛に悩み続けたからです」と説明する。今年4月以降、「ニーチェ 運命を味方にする力」(PHP文庫)など相次いで出版。また孔子など国内外約2千人の言葉を集めた「座右の銘」(里文出版)は10万部、「ゲーテに学ぶ 賢者の知恵」(メトロポリタンプレス)も順調だ。

 この現象について、出版科学研究所(東京新宿区)は、「リーマン・ショック(2008年9月)以降の混乱や、ギリシャに端を発した欧州危機など先行きの見えない社会状況」をあげる。

 過去にも哲学関係の本が売れた歴史がある。関東大震災後に『哲学叢書』、戦後の混乱期には『西田幾多郎全集』。平成にも、オウム真理教事件のころには、ノルウェーの高校の哲学教師の書いた小説『ソフィーの世界』が話題を呼んだ。

 「定本ベストセラー昭和史」などの著作のある出版ジャーナリスト、塩澤実信さん(79)は「格言や名言には、力強い生気、不屈の魂、高みを目指す言葉が多く、混乱期や悩む人間にとって共感を呼びやすい。ケータイ小説など短く簡単な言葉に慣れた世代にも親しみやすいのだろう。そうした文章に対する身近さや、時代がうまく重なったのではないか」と話している。

「だまされたふりを」と現金詐取=警察作戦逆手の振り込め―東京(時事通信)
<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
辞任表明を受け、近日中に民主党代表選を開催(産経新聞)
殺人 弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。