So-net無料ブログ作成

「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)

 壁面に扇状のレリーフのような作品が掛けられる。よく見ると、端々に麻ひもが顔をのぞかせる。石膏(せっこう)のような白い画面には、部分部分で一定の規則で模様が施され、それらが集まり華麗ともいえる装飾を生み出す。ある意味でシステマチックに構成されるが、根気を尽くした手作業のため、有機的ともいえる作品が構築される。

 作者はいわゆるキャンバスを用いない。キャンバスという支持体を自らが麻ひもを編んで作ってしまう。縦糸の長さや本数、横糸を編む方向などに一定のルールで編まれ、その上に絵の具を定着させる下地材を平坦(へいたん)に塗り固める。

 表面に表れるひもの凹凸の荒々しさや端々に見えるひもも、作品としての表情を豊かなものにしているといっていい。

 村山悟郎は昭和58年、東京生まれ。現在、東京芸大大学院に在籍している。昨年は東京都現代美術館でのコレクション展でも作品が展示されるなど、学生でありながらすでに注目されている。28日まで。

あえて連携アピール 鳩山首相と小沢氏、がっちり握手(産経新聞)
県外移設は困難=首相表明、普天間問題で(時事通信)
<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)
Cookieからの刺客・藤末さくらが月刊ヤンジャンに登場
普天間移設案「慎重に検討」=米大使(時事通信)

面識ない人同士の生体臓器移植検討へ―移植学会(医療介護CBニュース)

 血縁関係など親族間での提供を原則としている生体臓器移植について、面識のない人同士でも提供できるよう、日本移植学会が新たな制度の検討を始めることが、3月17日までに分かった。5月9日に開かれる同学会の理事会で提案、審議される見通し。

 国内での生体臓器移植は、原則として親族に限られており、いわゆる「ヤミ仲介業者」の関与や臓器売買を防ぐことなどを理由に、面識のない人同士での臓器提供は事実上認められていない。

 今回、新たな制度の検討が行われることになったのは、レシピエントを特定せずに臓器提供をしたいというドナーの申し出があったため。「病気に苦しむ人のために、自らの健康な腎臓を役立てたい」との理由だったが、移植学会が移植の可否について審議する倫理委員会でも、レシピエントが不特定のケースは過去に例がなく、生体臓器移植のあり方について新たな指針が必要になった。
 ただ、▽本人の意思のみを根拠に、健康な人の体にメスを入れることが医学的・倫理的に妥当か▽日本臓器移植ネットワークの登録者の中から誰をどういう基準で選ぶか―など、極めて慎重な議論が必要な検討課題も多く、関係者は「新制度が実施に到るまでには、相当の時間を要するだろう」と話している。


【関連記事】
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省
親族優先提供、心臓は除外を―循環器学会が要望書
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相
臓器移植法改正案、「A案」成立
「質の高い移植コーディネーターが必要」

首相動静(3月18日)(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】具入りラー油 辛さの中に光る食感(産経新聞)
城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市〔地域〕(時事通信)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
外国人参政権「反対」28県、「賛成」を逆転 都道府県議会(産経新聞)

MDMA譲渡の泉田被告に懲役1年 「押尾被告が使用して女性死亡」と指摘(産経新聞)

 合成麻薬MDMA使用後に知人の飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=が死亡した元俳優の押尾学被告(31)による保護責任者遺棄致死事件で、押尾被告にMDMAを譲渡したとして麻薬取締法違反罪に問われた友人のネット販売業、泉田勇介被告(31)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。田村政喜裁判官は泉田被告に懲役1年(求刑懲役1年6月)の実刑を言い渡した。また、「押尾被告が渡したMDMAを使用し、田中さんが死亡した」と指摘した。

 押尾被告の弁護人は、泉田被告からのMDMA譲渡は認めているが、「押尾被告と田中さんが服用したのは田中さんが持ち込んだMDMAだった」などと主張している。今回の判決は押尾被告側の主張を否定する厳しいものとなった。

 田村裁判官は「自らが譲渡した麻薬を服用した女性が死亡した事実を重く受け止め、起訴内容以外にも、押尾被告への譲渡後の状況を含めて、事実を詳細に供述している」などとして減刑した。

 判決によると、泉田被告は昨年7月31日、東京・六本木ヒルズのマンションでMDMA約10錠を押尾被告に譲渡した。

 押尾被告は同年8月2日、同じマンションで押尾被告が持ち込んだMDMAを一緒に飲んだ田中さんの容体が急変したのに、適切な救命措置を執らず死亡させた、などとして起訴された。押尾被告の弁護人は、田中さんへのMDMA譲渡と保護責任者遺棄致死罪について、無罪主張することを明らかにしている。

 押尾被告は裁判員裁判の対象となっている。5日に公判前整理手続きの第1回協議が行われ、押尾被告も同席したが、今のところ、初公判の期日は指定されていない。

【関連記事】
押尾被告にMDMA譲渡の友人に懲役1年の実刑
押尾被告の知人に判決 MDMA譲渡の罪
異例!押尾被告、公判前整理手続き自ら出席
押尾被告が公判前整理手続き初協議に出席 女性遺棄致死、無罪主張へ
女性への薬物譲渡「押尾被告に言い訳相談された」 友人初公判
20年後、日本はありますか?

「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)
ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談−北沢防衛相(時事通信)
首相、年金記録回復促進法案に意欲 参院予算委が社会保障・雇用で集中審議(産経新聞)
小学校教諭が6年生に「お前たちは粗大ごみ」(読売新聞)
トキ 2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)

福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟(産経新聞)

 「1票の格差」が最大約2.30倍となった昨年8月の衆院選小選挙区選挙は違憲として、福岡市の弁護士が福岡2区の選挙無効を求めた訴訟で、福岡高裁の森野俊彦裁判長は12日、「1人別枠方式」に基づく現行の区割り規定について「制定当時において既に違憲、違法だった」と述べ、選挙を違憲と判断した。無効請求は棄却した。

 この選挙では、大阪、広島両高裁に続く違憲判断だが、現行制度を導入時点から否定、踏み込んだ判断となった。東京高裁と福岡高裁那覇支部は「違憲状態」、東京高裁の別の裁判長は11日の判決で合憲と判断が割れている。

 判決理由で森野裁判長は、平成20年9月の有権者数を基に、人口に関係なく47都道府県にあらかじめ1議席を配分する1人別枠方式を採用せず、人口比例に従って配分した場合、都道府県別の最大格差は約1.6倍、ほかは1.5倍未満になると試算。「人口比例に基づく定数配分であれば憲法も許容する」とし、「本来の人口比例原則から逸脱する1人別枠方式は、導入の必要性も合理性もない」と指摘した。

 「できる限り1対1に近づけることを目標としておらず『誰もが過不足なく1票を有する』との理念を指向していない点で合憲的に解釈することは困難」と選挙区画定の規定を批判。その上で、2倍を超える格差は「投票価値の理念を大きく逸脱し、容認できない」とし、国会に対しても「是正する姿勢を全く見せないまま放置した不作為は、裁量の範囲を逸脱する」と厳しく非難した。

 一方、選挙を無効とした場合、公の利益に著しい障害が生じるとして、選挙自体は有効とした。

 この選挙では、昨年8月30日の投開票日時点で、有権者数が最少の高知3区と最多の千葉4区との間で約2.30倍、福岡2区との間で約2.05倍の格差が生じた。

【関連記事】
衆院「別枠」制定時点で違憲 一票の格差6例目福岡高裁判決
一票の格差「憲法上好ましい状態ではない」 東京高裁
福岡高裁那覇支部も「違憲状態」 昨年衆院選の「一票の格差」 
「一票の格差」なくすには
一票の格差放置は許されない 裁判官は繰り返し警告
20年後、日本はありますか?

首相動静(3月11日)(時事通信)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)
VIPなら宿泊できぬ? 奈良県、9月にAPEC観光相会合(産経新聞)
捕鯨妨害船、登録不許可に=オランダに要請−外務省(時事通信)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)

明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)

 全国公私病院連盟(公私連)と日本病院会が開催した3月10日の来年度診療報酬改定の説明会で、厚生労働省保険局医療課の迫井正深企画官は、レセプト並み明細書(明細書)の無料発行が猶予される「正当な理由」に関して、窓口対応と改修が必要な自動入金機の併用は「非常に微妙」との見解を示した。迫井企画官が公務で退場した後に行われた質疑応答の中で、公私連の邉見公雄副会長が明らかにした。

■看護補助加算の研修、「モラル的なものでよい」

 質疑応答では、▽明細書▽専門研修の具体的な内容▽「急性期看護補助体制加算」の夜間対応―の3点について質問が集中。
 邉見副会長は明細書について、「今回のQ&A(事例集)では何も書かない。いろんな現場の様子を見ながら、次の改定に資していきたい」とする厚労省側の見解を紹介。また、急性期看護補助体制加算の院内研修会に関しては、「分からないものには触らない」「せきが止まらなかったら休んでください」「病院であったこと、見たことは外で言わないでほしい」など、「モラル的なものでよいようだ」と回答した。
 一方、急性期看護補助体制加算の夜間対応については、「非常に重要なので、持ち帰りたい」とする迫井企画官の発言を紹介した。

■公費負担医療で明細書発行は「望ましい」

 質疑応答に先立ち、来年度改定の概要を説明した迫井企画官は、公費負担医療の際の明細書の取り扱いについて、「領収書を発行しないので、明細書を発行する義務はないのではないかという話があるが、趣旨からすると、発行していただくことは当然望ましいとわれわれは考えている」と述べ、発行への理解を求めた。


【関連記事】
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長
2010年度診療報酬改定を告示
勤務医の負担軽減策、9つの点数に拡大
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行−電子請求義務化の医療機関
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可

堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)

「次男かわいそう」 埼玉の虐待、母供述(産経新聞)

 当時4歳の次男に食事を与えず衰弱させながら放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで埼玉県蕨市、無職、新藤正美容疑者(47)と妻の早苗容疑者(37)が逮捕された事件で、早苗容疑者が次男について「かわいそうなことをした」などと供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 蕨署の調べでは、両容疑者は平成19年11月〜20年2月11日にかけて、次男の力人ちゃんに十分な食事を与えず、衰弱させたのに治療を受けさせず、放置した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、早苗容疑者は取り調べで、力人ちゃんが亡くなった当時の話になると目に涙を浮かべて供述しているという。

今年のアカデミー賞を占う 「アバター」「ハート・ロッカー」事実上の一騎打ち(産経新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
遭難の男女3人発見=自力で歩行−宮城・山形県境の船形山(時事通信)
<詐欺容疑>ETC車種登録偽り、観光バス運行 千葉(毎日新聞)
ハイハイもできまっせ!? 阪大チームが赤ちゃん型ロボット開発(産経新聞)

<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)

 東京都や埼玉県など関東一円で今年に入り、偽1万円札数百枚が見つかり、関与が疑われる日本人2人が既に浮上していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。各県警が、組織的な犯行の可能性があるとみて捜査している。1月末には青森や岩手など東北4県で偽1万円札計約60枚が見つかっており、関連を調べている。

 捜査関係者によると、関東で見つかっている偽札は透かしがないうえ、見る角度で色や模様が変わる偽造防止用のホログラムも不十分といい、カラー複写機でコピーした可能性がある。紙質は悪くないが、明るい場所で注意して見れば偽物と分かるという。

 警察当局は、既に少なくとも日本人2人が関与したとの見方を強め、行方を追っている。使われる地域が広範囲であることから、グループによる犯行とみている。

【関連ニュース】
偽1万円札:タクシー料金支払いで使う…前橋、高崎で3件
偽札:東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく
偽1万円札:タクシー料金支払い、前橋と高崎で相次ぐ 夜間ですぐ気付かず /群馬
偽1万円札:長野市内の3店で4枚見つかる /長野
静岡の偽造1万円札:タクシーで新たに1枚 /静岡

官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
会計書類の一部見つからず=北教組、処分の可能性も−規正法違反事件・札幌地検(時事通信)
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は継続−気象庁(時事通信)
「先祖のおかげで今の立場に」=鳩山首相、祖父の墓参り(時事通信)

奈良でコンビニ強盗、9万円とたばこ25箱奪う(読売新聞)

 7日午前4時頃、奈良市三条本町の「セブンイレブン奈良三条本町店」に男が押し入り、カウンター内にいた男性店員(20)に、刃渡り約20センチの包丁を突きつけ、「金を袋に入れて渡せ」などと脅した。

 男は店員がレジ袋に入れて差し出した売上金など約9万円とたばこ約25箱を奪い、走って逃げた。当時店内に客はおらず、別の店員1人が事務所にいたが、けがはなかった。

 奈良署は強盗事件で捜査。発表によると、男は20〜25歳、身長1メートル70〜1メートル75のやせ形。黒色のフード付きジャンパーにズボン姿で、眼鏡をかけていたという。

<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
<バンクーバー五輪>話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)
女性2人死亡、長男行方不明=殺人事件で捜査−宮崎県警(時事通信)
「先祖のおかげで今の立場に」=鳩山首相、祖父の墓参り(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。