So-net無料ブログ作成

“幸せ”の青い卵、“安心”の茶色い卵(産経新聞)

 船橋市馬込町にある奈良養鶏園では、安心、安全にこだわった「茶色い卵」と、ユニークな「青い卵」という2つの名物を生産販売し、“卵好き”の人気を集めている。 

 奈良養鶏園は戦後間もなくの創業で、代表の奈良五十八さん(67)は2代目。「トリ好きが高じて、市内の工場に勤めていた先代が始めた養鶏場。飼料や育て方へのこだわりは60年以上の伝統がある」と奈良さん。養鶏園を切り開いた先代、富士男さんの名が書かれた品評会の彰状が、直売所を兼ねた事務所の壁を飾っている。

 現在飼育しているのは、茶褐色の卵を産むイサブラウン種を中心に約7000羽。遺伝子組み換えではないトウモロコシを使い、無添加の薬剤、抗生物質を使わない自家配合の飼料で育てられたニワトリの卵が、ここから全国に発送される。

 徹底した奈良さんのこだわりは、卵を割った瞬間に分かる。盛り上がった黄身、粘り強い白身だ。

 「ケーキの素材に最適と、使ってくれる菓子店が何軒もある」と、妻の美登里さん(63)。常連客の一人で市内の主婦、田中利枝さんは「卵かけご飯で食べてみると、素材の良さがすぐに分かる」と太鼓判を押す。

 珍しい青い卵を産むのは、チリ原産のアロウカナ種だ。ヨーロッパ種の血がほどんど入っておらず、南米のニワトリの原種に近いという。餌に関係なく殻は青いが、黄身や白身は他のニワトリと変わらない。

 幸せの“青い鳥”ならぬ幸せの“青い卵”は、食卓を囲むだれもが幸せな気持ちにさせられそうだ。

 ■一口メモ 奈良養鶏園((電)047・438・5489)は船橋市馬込町1161。営業時間は午前9時〜午後6時。水曜定休。

【関連記事】
4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進
お菓子のような食感 甘〜ぃサツマイモ「大栄愛娘」
“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本
メシウマ!卵かけご飯で10万人、町おこし課長補佐に観光庁長官賞
ニワトリ捕獲で大わらわ 静岡・藤枝の畑や山林に84羽、遺棄か

馳議員「本田は無限の可能性を持つ男」星稜高後輩を絶賛(スポーツ報知)
通常国会、16日閉幕=本格論戦なく参院選突入(時事通信)
温暖化法廃案も経済界に無力感 成長戦略との矛盾に批判も(産経新聞)
整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
<はやぶさ>カプセル17日深夜「帰国」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

卒業ほやほや


敏感マ○コキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

ちょっと指入れただけでマソ汁が大洪水wwww
チ○コ出し入れするたびにピュッピュッておツユ飛んでたしなwwww

ドーテー卒業してお礼貰えるとかボロ儲けすぐるwwwww
http://frnh-z9.otakara.sex-nhk.info/frnh-z9/
by 卒業ほやほや (2011-05-16 04:23) 

和田なき子


全部ぜ~んぶ吐き出しちゃいなよ?
ココでさ♪
http://0pm-44c.a.hexisag.org/0pm-44c/
by 和田なき子 (2011-09-22 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。